エアコン 移設 費用

引越しでエアコンの移設を簡単にする方法

エアコン 移設

エアコン 移す

エアコン 移動

エアコン 設置

 

引越しの時に、エアコンを持って行くか悩みますね。

 

エアコンは買うと7万円以上かかるものなので、できれば持って行きたい家電です。

 

しかし、壁にしっかり固定されている上に室外機とつながっていますので、簡単に取り外しもできません。

 

エアコンを持って行く方がいいのか、新しく買い直したほうがいいのかは、購入してから何年経っているかで判断しましょう。

 

エアコンの寿命は約10年と言われています。
10年以上経ったエアコンは、費用をかけて移設してもあと何年使えるかわからないという状況です。

 

エアコンの移設も廃棄処理も、引越し業者に見積もりを取る際にオプションとして申し込むことができます。
自分で電気工事会社に連絡してやってもらうことも出来ますが、どこが安いかを探すのは大変です。

 

引越し業者一括見積もりで、エアコンの移設もしくは処分を依頼して見積もりを取ってみませんか? 

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

同じ条件で、複数の引越し会社から見積もりを依頼することが出来ます。
何度も電話をかけて、交渉する手間が省けますよ。

 

比較することで、相場はもちろん最安値も簡単に見つけることができます。
是非、ご活用くださいね。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しにはすることが多いので、先におおまかな手順を知っておくのがオススメです。
時系列で見ていきましょう。

 

<引越しの1カ月前まで>
・現住所の大家もしくは管理会社への退去連絡して、駐車場の解約も行う。
・新居を決めて契約する。駐車場も新規契約する。
・引越しの希望日を決めて、複数の引越し業者に相見積もりを取って引越し業者を選ぶ。

 

<1カ月〜2週間前まで>
・今すぐに使わないものからどんどん荷造りする。
・粗大ゴミの処分や不用品の処分をする。

 

<引越しから2週間〜1週間前まで>
・転出届けの提出、印鑑登録の廃止など役所関係の書類を提出する。
・よく使う物も少しずつ荷造りしていく。

 

<1週間〜3日前まで>
・インターネット、電気、ガス、水道、ネットなどのインフラの停止手続きを行う。
・郵便物の転送手続きをする。

 

<3日前〜当日>
・冷蔵庫の中身を処分し電源を抜く。
・新居への移動方法を確認する。
・新居の掃除を行う。

 

<引越し当日>
・引越し業者への家財の置き場所を指示したり、搬入物の確認をしておく。
・荷解きと整頓をする。
・新居こ゛近所へ挨拶する。

 

<引越し後>
転入届、転居届、マイナンハ゛ーの住所変更、国民健康保険の加入手続き、印鑑登録なと役所の手続きをする。
携帯電話や銀行口座、クレジットカード、各種保険、免許証などの住所変更をする。

 

まず引越しが確実になったら管理会社や大家さんに退去する意向を伝えてください。
契約書に退去の時は何ヶ月前に伝えることと説明を受けているはずなので、出来るだけ早めに伝えたほうがいいです。

 

引越し業者との契約ですが、まず新居が決まってからでないと引越し費用の算出ができないのです。
なので新居が決まったらすぐに引越し業者に見積もりを依頼して比較し、一番心象の良かった引越し業者と契約しておきましょう。

 

不用品や粗大ゴミを処分するのは時間がかかるので、早めに取り掛かってください。
荷造りも普段あまり使わないものや季節ではない洋服などから、どんどん梱包してくださいね。

 

役所関係の書類、インフラの停止や精算、郵便物の転送届を提出したら、いよいよ引越し当日です。

 

当日は引越しスタッフに運搬はおまかせして、家財の配置を指示してあげてください。どこかに貼り出しておくと便利です。

 

貴重品や高級品、現金、通帳や印鑑、大事なデータ、遺影などは自分で管理するようにしましょう。

 

引越ししたらご近所へ挨拶に行きます。出来るだけ早めに行くようにしてくださいね。

 

引越し後2週間以内に転入届か転居届のいずれかを新居に最寄りの市町村役場に提出します。

 

あとは銀行や運転免許証など住所変更が必要なもののを変更すればだいたいの引越し作業が終わりです。

 

 

 

 

 

引越し業者のスタッフとチップ

引越しとチップ

日本にはあまり定着していないチップという制度。
あなたは引越し業者にスタッフにチップを渡しますか?

 

チップそのものを渡すという発想が無い人も多いですが、現場で頑張ってくれているスタッフがいるとお礼を直接渡したいと思われる方も多くいるようで、最近はチップを渡すという人もいます。
4人に1人はスタッフ1人に1000〜3000円程度のチップを渡しているそうです。

 

現金をそのままというのも味気ないので、ぽち袋に入れて用意しておくとスマートでカッコイイですね。
あとはいつ誰に渡すかですが、最初にみんなの前でチーフに手渡すという方や仕事ぶりを見て最後に1人1人に手渡すという方、様々です。

 

すでに引越し料金は支払い済みなのであらためてチップを渡す必要は全くないのですが、何度も何度も部屋とトラックを往復して荷物を運んでくれる姿を実際に目の当たりにすると、何かしてあげたくなるものです。

 

現金としてのチップでなく、飲み物やお菓子など現物そのものを渡す方もいます。
要は「ありがとう」の気持ちをどう伝えるかですね。
やはりもらう方はチップがあると嬉しいですし、頑張ろうという気持ちになると思います。